バーチャルラボ by Modelica

バーチャルラボ by Modelica イメージ画像

非因果

Modelicaを使っていて、「やりたい計算のためのインプットを与えるSource Componentが無い」、「ここの値を拘束条件にしたい」、「ここの値は人が与えるのではなく計算の結果出たなりの値にしたい」と言うことはないだろうか?筆者はこれまで何度も有った。例として下記のよ
『便利Component ~Modelica User皆に活用して欲しい~』の画像

----- inputs ---------- variables -----<文献紹介>Principles of Object-Oriented Modeling and Simulation with Modelica 3.3: A Cyber-Physical Approachposted with カエレバPeter Fritzson Wiley-IEEE Press 2014-11-24Amazon楽天市場Yahooショッピング7netModelicaに
『[執筆途中]nuclear reactor 熱収支回路の動作成功』の画像

 前回、自作した定容積ポンプコンポーネントを用いると、コンパイルエラーが起きたので、別法を試す。熱収支回路(1次流体の受熱放熱のループ)が作りたい訳で、とくに件のコンポーネントを用いる事には拘る必要が無い。質量保存・熱量保存が壊れないのなら、体積流量一定の
『[執筆途中]nuclear reactor ポンプをMSL Fluidのポンプに置き換えるとMatrixSingular発生』の画像

本記事を書いている今この時、FluidSystemoComponentライブラリのチェックバルブが作成済みだ。本来なそちらの製作記記事を先に書くべきの筈である。しかし、動作確認の中で作ったモデルが、面白いものだと後から思い直したので、熱いうちにそちらを語る。 作ったのはバルブ
『1DCAEの魅力 -この解析、3Dで簡単に出来ますか?-』の画像

この記事で宣言したように、Modelica Standard Libraryには無い流体システム用のコンポーネントを作成する。記念すべき第1号は定容積ポンプ。ポンプ、バルブ、絞り、容器、シリンダあたりで油圧回路に最低限必要な要素が揃うはず。それらが揃えば油圧回路を組んで遊べる。 
『定容積ポンプ(理想ポンプ)コンポーネント作成』の画像

 "1自由度mass-spring-damper系"、に続いて機械系の例題。質点(Mass)、spring(ばね)、damper(減衰器)をそれぞれ1つ増やしている。"1自由度mass-spring-damper系"と並び、大学レベルの動システムや制御の講義の最初の方、あるいは数値計算プログラミングでルンゲ・
『OpenModelica手始め 1/4Car』の画像

PropulsionSystemLibraryなる,推進&パワーシステムモデル用ライブラリを作成しているが,ここで少しModelicから離れてモデリング対象の推進機(ジェットエンジン),熱機関について少し触れる。詳しい理論は,熱力学や航空宇宙系の推進機工学の専門書にお任せする。ここで
『ジェット推進機,熱機関 -少しModelicaを離れて-』の画像

↑このページのトップヘ